金利差で生じる返済額の違い

たかが金利のために、違うローンに申し込むなんて面倒、なんて、あなどらないでください。

借りた金額が大きく、地道にしか返していけない人は、数年後、利子がどれくらいになっているか、どれだけ余計に払わせられるか気になりませんか?

たとえば、200万円借りて、金利15%なら、1年で返す場合の利子は30万円です。

これが7、5%なら15万円で済みます。

この違いだけでも大きいと思います。

1年で完済できれば、利子も単純計算で2倍ですみますが、何年もかかると、2倍以上になっていきます。

1年で完済するためには毎月20万近く返済しなければならないので、無理な人も多いでしょう。

普通は、金利差によって実際の支払額の差はまだ大きくなるということです。

目的で探すビジネスローン

  • おまとめローン
  • 銀行ローン
  • 即日ローン
  • 低金利
  • 総量規制対象外
  • 主婦
  • パート・アルバイト
  • 審査に不安な方