限度額いっぱいで申し込もう

借り換えに必要な金額が、その銀行の貸し出し限度額(500万円)より小さくても、500万円借りられる信用がある人は、満額で契約しましょう。

自分で使いすぎに気をつける必要は出てきますが、それが一番低金利で借りられる方法だからです。

満額の契約は無理でも、希望だけしておけば、銀行が審査で最大限の枠を確保してくれます。

たとえば、消費者金融で借りたお金が150万円なら、借り換えのために必要な金額も150万円です。

ここで、150万円借りようと150万円枠の希望で申し込みをしないようにしてください。

たとえば年収700万円、今までに延滞履歴もないクリーンな人なら、限度額300万円くらいのカードローン契約が出来ると思います。

ここでわざわざ不利な150万円枠(金利10%)の借り入れを希望して借り換えるのと、
満額500万円を希望して、300万円の枠(金利7%)をもらい、枠の中の一部分の150万円を使って借り換えるのでは大違いです。

また、ここで3%もの金利差が出来るのです。

目的で探すビジネスローン

  • おまとめローン
  • 銀行ローン
  • 即日ローン
  • 低金利
  • 総量規制対象外
  • 主婦
  • パート・アルバイト
  • 審査に不安な方

おすすめビジネスローン
最大限度額500万円で、
月々の返済は3000円から可能!
楽天銀行 スーパーローン
  • ビジネスローン一覧
  • 銀行ローンの5つのメリット

総合ランキング

目的

設立年数別運転資金の融資

有担保・無担保で探す

融資の種類で探す

借り換えローンのメリット

借り換えたいローン

借り換えローンの審査

ローン会社一覧

リンク集

注目の情報

みずほ銀行カードローン